削り方について

※かつお節の香りと旨みを逃がさないため、料理の直前がよろしいでしょう。

かつお節の削り方

カビを拭き取る

1.カビを拭き取る

本枯節は固く絞った木綿のふきんかペーパータオルなどで表面のカビを拭き取ります。

ブラシなどで表面のカビを払い除く程度でも十分です。

かつお節を削る

2.かつお節を削る

かつお節には目があります。逆目(逆向き)にならないように注意してください。逆目にするとかつお節が粉になりやすいです。

前に押して削る場合は、削り器の刃先を自分のほうに向けて、かつお節の頭部分を手前、尾部分を先に向けて頭側から削っていきます。

削り器の刃の調整について

鉋(カンナ)の上部を叩くと刃が引っ込み、下部を叩くと刃が出ます。刃を出す場合は、直接刃の頭を叩いても大丈夫です。鉋の台は真ん中を叩くより、左右交互に叩くほうが均等に刃を出せます。

かつお節を上手に削るために

鉋の調整

1.鉋の調整

鉋の刃が出過ぎると、かつお節が粉になるか粉状になってしまいます。刃先は台の表面より0.1㎜くらいの出方が良いです。(紙1枚ぐらい)

かつお節を温める

2.かつお節を温める

かつお節が削りにくい場合、また粉状になりやすい場合は、電気コンロやガスコンロの細火で30秒くらい削る表面を温めるとうまく削れます。電子レンジで20秒ほど温めていただく方法でも大丈夫です。

かつお節の保存方法

かつお節の保存方法

古来より保存食品として知られるかつお節ですが、保存する場合はラップで包むか、ビニール袋(ポリ袋)などに入れて密封し、冷蔵庫にお入れください。裸で冷蔵庫に入れると乾燥してしまい、削る際に粉になりやすくなってしまいます。

良いものをお求めやすいお値段で

オンラインショップはこちら